滋賀県 -Shiga-

円空作の十一面観音

「近江山河抄の舞台を歩く」(2013-2016撮影)

近江(滋賀県)をあまねく歩いて、歴史・自然を余すことなく撮影しようという試みです。
白洲正子さんの随筆「近江山河抄」(1974年刊行)をもとに、現在の情報を追加して構成しました。
目次⇒https://katata.info/2015/06/ohmisangasyo-index/

 

 

比叡山

横川から飯室谷までの山道-9
比叡山横川から飯室谷まで、千日回峰行の道を駆け下りる。そして安楽律院へ

東海道

水口神社参道の松並木
東海道水口と大池寺
【続】水口曳山祭と城下町水口(滋賀県甲賀市水口町)(2017/3、2017/4撮影)
滋賀県甲賀市土山町:垂水斎王頓宮跡、倭姫命の伝承と甲可日雲宮、田村神社

中山道

柏原宿(やいと祭の日)
中山道・柏原宿から醒井宿を歩く~前編:やいと祭と柏原宿歴史資料館、寄り道して清滝寺徳源院へ
中山道・柏原宿から醒井宿を歩く~後編:柏原一里塚から醒井「居醒の清水」とバイカモの花

夏の醒井宿とバイカモの花(滋賀県米原市)(2016/8撮影)

鎌刃城跡から見た伊吹山
北国街道米原宿から中山道番場宿へ、鎌刃城跡に登り蓮華寺を訪ねる(2015/3撮影)

 

 

郷土史・歴史(主に大津市北部を中心に)

琵琶湖と都久生須麻神社(竹生島・滋賀県長浜市)
竹生島をめぐる冒険(1) 2つの都久生須麻神社―弁才天と龍神信仰

竹生島をめぐる冒険(2) 徳川家康、秀吉の威光を琵琶湖の島に封じ込める―豊国廟唐門の移築

竹生島をめぐる冒険(3) 謡曲「竹生島」と徳川家康の愛した「うさぎ」―波兎文様

 

坂本に残る「衣川北国道」の道標~北国海道と衣川の話(滋賀県大津市衣川)

衣川廃寺跡と幻の龍瑞寺(滋賀県大津市衣川)

衣川城跡/衣川のお地蔵さんと鞍掛神社の伝承(滋賀県大津市衣川)

 

安曇河御厨(あどがわのみくりや)と供祭人(ぐさいにん)

 

トトロが出てきそうな風景(クスノキとモミジの大木)
滋賀県大津市堅田周辺に残る、御旅所「唐崎」の謎が解けました!

琵琶湖畔の秘境、有漏神社と阿曽津千軒。堅田との意外な関係と登山道について

堅田内湖が「かや」と呼ばれていた理由について

 

松尾芭蕉と堅田2:俳文「堅田十六夜の弁」全文(滋賀県大津市本堅田)

松尾芭蕉と堅田1:芭蕉の句碑5か所と宝井其角寓居跡(滋賀県大津市本堅田)・芭蕉と大津

 


 

岐阜県~滋賀県 -Gifu to Shiga-

蔵のある風景

伊吹山麓の道、北国脇往還を歩く(2014/9撮影)

北国脇往還中山道(岐阜県関ケ原)~北国街道(滋賀県木之本)のバイパスで、江戸時代は参勤交代に使われたという歴史ある道です。伊吹山南麓を通るこの道を、3回に分けて歩きました。

 


 

奈良県 -Nara-

山の辺の道・北コース

山の辺の道・北コースを歩く

日本最古の道と言われる「山の辺の道」。天理から桜井の間のハイキングコースとして知られますが、その北側(奈良から天理の間)に「北コース」と呼ばれる道があります。天理以南と比べて歩く人があまりいない北コースを歩いて撮影しました。

山の辺の道・北コースを歩く(1)―円照寺から正暦寺まで(2015/11撮影)

 

山の辺の道・北コースの風景
山の辺の道・北コースを歩く(2)―正暦寺参道から弘仁寺、白川ダムまで(2015/11撮影)
石上神宮
山の辺の道・北コースを歩く(3)―天理の山中から石上神宮まで(コース地図付き)(2015/11撮影)


柳生街道(滝坂の道)

奈良・柳生街道(滝坂の道)から春日山、若草山を歩く(2015/10撮影)

奈良・柳生街道(滝坂の道)から春日山、若草山を歩く(1)―浮見堂から朝日観音まで
奈良・柳生街道(滝坂の道)から春日山、若草山を歩く(2)―首切地蔵と春日山石窟仏

柳生街道は、江戸時代に奈良から柳生の里へと剣士たちが往来した道でした。古くは平安から鎌倉時代に南都の僧侶たちが修行したと言われる道です。柳生街道の中でも、能登川沿いの石畳の坂道は「滝坂の道」または「滝坂道」と呼ばれてきました。春日山原始林の中を、石畳の山道が続いています。Photograph of the old Yagyu Road,Nara,Japan.

若草山山頂と鹿
奈良・柳生街道(滝坂の道)から春日山、若草山を歩く(3)―奈良奥山ドライブウェイから若草山山頂


明日香村の朝

飛鳥を歩く(付録:明日香村の散策地図)(2015/11撮影)