JunPhotoWorks:滋賀 京都 奈良の写真

滋賀在住の風景写真家・兼松純のストックフォトアーカイブ[Stock Photo: Shiga,Kyoto,Nara, Japan].滋賀 京都 奈良の風景・寺社・花の写真を取り揃えています。兼松純写真事務所

夏の伊吹山山頂とお花畑(滋賀県米原市)

2017/07/23

日本百名山として、そして夏の美しいお花畑の山として愛されている伊吹山。2014年7月27日に山頂駐車場から西遊歩道を経て伊吹山山頂へ、そして東遊歩道から山頂駐車場へ下りるルートで撮影しました。

この日下界は雨で、滋賀県内を移動中大雨だったのですが、伊吹山に近づくにつれて快晴になりました。珍しい花、スズムシソウに出合えた撮影となりました。ほぼ撮影時間順に掲載しています。

写真をクリックすると、アマナイメージズサイトへジャンプします。
(c) JUN KANEMATSU/a.collectionRF /amanaimages

夏の伊吹山ドライブウェイ
1.「夏の伊吹山ドライブウェイ」 カタログNO:_DSC3727。


伊吹山のお花畑と、眼下の山並み
2.「伊吹山のお花畑と、眼下の山並み」 カタログNO:_DSC3733。


メタカラコウ
3.「(雌宝香)」 カタログNO:_DSC3741。


スズムシソウ
4.「スズムシソウ」 カタログNO:_DSC3745。


ヤマホタルブクロ
5.「ヤマホタルブクロ」 カタログNO:_DSC3733。


ウツボグサ
6.「ウツボグサ」 カタログNO:_DSC3796。


伊吹山9合目から望む登山道と3合目
7.「伊吹山9合目から望む登山道と3合目」 カタログNO:_DSC3772。
写真左のくねくね道が登山道、右中央の台地上の緑地が3合目です。


西遊歩道から望む伊吹山山頂
8.「西遊歩道から望む伊吹山山頂」 カタログNO:_DSC3783。
※2015年より「伊吹山西登山道」と呼ばれている、駐車場~9合目~山頂までの道です。


伊吹山西遊歩道にて、お花畑の散策
9.「伊吹山西遊歩道にて、お花畑の散策」 カタログNO:_DSC3786。
※2015年より「伊吹山西登山道」と呼ばれている、駐車場~9合目~山頂までの道です。


伊吹山山頂と山小屋・伊吹山寺
10.「伊吹山山頂と山小屋・伊吹山寺」 カタログNO:shiga-ibuki_DSC3808.
※お花畑と伊吹山山頂。中央が伊吹山寺(弥勒堂)、両脇の建物が山小屋です。
※2016年12月15日より、アマナイメージズで取り扱い開始。


伊吹山頂の日本武尊像
11.「伊吹山頂の日本武尊像」 カタログNO:_DSC3814。


伊吹山東遊歩道にて、お花畑の散策
12.「伊吹山東遊歩道にて、お花畑の散策」 カタログNO:_DSC3825。
※2015年より「伊吹山東登山道」と呼ばれている、山頂~9合目~駐車場までの道です。


伊吹山東遊歩道にて、お花畑の散策
13.「伊吹山東遊歩道にて、お花畑の散策」 カタログNO:_DSC3830。
※2015年より「伊吹山東登山道」と呼ばれている、山頂~9合目~駐車場までの道です。

 

関連写真:伊吹山

伊吹山山頂と登山道の写真特集!(滋賀県米原市)

 


【ヤマトタケルと伊吹の荒ぶる神、伊吹山西麓地域と日本遺産】

古来から伊吹山には水神がいると信じられてきました。古事記にはヤマトタケルが伊吹の荒ぶる神と戦った話が書かれています。伊吹山麓には美しい水路が流れる集落が多く、雨乞いの儀式や奉納太鼓などが残っていることから、伊吹山西麓地域は2015年4月に日本遺産「琵琶湖とその水辺景観-祈りと暮らしの水遺産」の構成文化財となりました。

▼関連写真:朝日豊年太鼓踊(滋賀県米原市)

朝日豊年太鼓踊(滋賀県米原市):国選択無形民俗文化財・日本遺産

-花・植物, 滋賀の日本遺産, 滋賀県-米原市
-, , , ,